幸せを運ぶアイドル 8,000,000's(やおよろズ)のオフィシャルブログ
2012年12月23日

ひだりむねのこえをきけ 第9声

鯨の泣く声は寂しすぎて
大海原の波を震わせる
どんな夜にも朝は来て
一日がまたはじまる
昨日とは違う靴を履き
嘘でも前に、今日の次にある明日を求めて歩く




やおやおー☆
おはようございます、こんにちは、こんばんは
乙女チックアイドル えみちゃんです黒ハート


さてさて、もう今年も残りわずか。
今日はいつもとはすこーーし違った視点で
胸キュンを見てみたいとおもうですゆ目ぴかぴか(新しい)

はい、こちら

やおよろズ オフィシャルブログ用


愛の試み
福永武彦 著

〈人が生きる本質的な基盤として孤独があり、愛とは運命によってその孤独が試みられることに対する人間の抵抗に他ならない。〉と考える著者が、愛と孤独についての一切の妥協を排した思索の後を綴るエッセイ。挿話として掌編小説9編を併録する。
人間を豊かにする愛の諸相を分析し、また愛の陥り易い錯覚にも鋭い視線を向けて、愛の問題に直面する人々に多くの示唆と力を与える名著。




精神論のような説法のような。
ちょっとカタめな本。

自分の存在をかけて人を愛することはいわば『理想』。

恋とは…愛とは…の問いに
さみしさを埋めるもの  とか
好意の延長線上  とか
人の数だけ、考えがあって当たり前なはずで。


人が言う大事と自分の感じる大事は
同じだって言い切れないけどでも
ひとつの『理想』という指標を捉えてみることも
取るに足らないちっぽけな自分をしっかり受け止めながら
すこしでも理想に近づけるように、自分を動かす力になるから
この本、おススメします。


えみは、この福永さんの本を時折読み返しては

はあああああああああああ!!!!!!!!!!とか
わかんないできないもんむりやだ!!!!!!とか
言いながら、のたうちまわってるよ☆(●´ー`)



こんど会うときは2013年だね。
よいお年を。
えみ





posted by やおよろズ at 23:42 | Comment(0) | えみちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月13日

ひだりむねのこえをきけ 第8声

嘘は嘘であってこそ意味がある。
「いかに騙すか」ということより
「いかにばらすか」というほうが
本当は重要なのかもしれない。



やおやお☆
おはようございます、こんにちは、こんばんは
乙女チックアイドル えみちゃんです黒ハート


今日はおともだちといっしょに
クリスマスプレゼントを選びにいってきたよるんるんぴかぴか(新しい)

街はキラキラ☆イルミネーションぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



そんなこんなで、今日も胸きゅん映画の紹介だよぉ(*´・ω・`*)
やおよろズ オフィシャルブログにて紹介中!


ラブ アクチュアリー

〈あらすじ〉
クリスマス目前のロンドンを舞台に、男女19人が織りなす恋愛模様を描いた群像ラブコメディ。
秘書に一目ぼれした英国首相、最愛の妻を亡くした男、初恋に悩む少年、言葉の通じない家政婦に恋した作家、2年7か月片思いしているOL、憧れのまなざしに気付かない花嫁、部下に誘惑される上司…さまざまな恋愛模様が展開されます。



なんといっても、キーラ・ナイトレイ!!!!
結婚してしまう彼女を想う彼が撮影したVHS…
これには思わず涙たらーっ(汗)
恋する人間のぎこちなさがとても伝わる素敵な映画ですっ(・o・)



“Love is actually all around you.”
posted by やおよろズ at 00:00 | Comment(0) | えみちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月03日

ひだりむねのこえをきけ 第7声

一度押してしまった送信ボタン
引き返すことはできない
イルミネーションは風の冷たさで
輝きを増すばかり
液晶に映るキミのアドレスを指でなぞる


きゃふきゃふ
おはようございます、こんにちは、こんばんは


乙女チックリクルーター えみちゃんです☆

ねー(´ `)
ついにはじまっちゃったよぅ ひいぃ


♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡


てことで
本日も胸きゅゅゅゅん作品を紹介するよん猫ハートたち(複数ハート)

森見登美彦作 恋文の技術

〈あらすじ〉
京都の大学院から、遠く離れた実験所に飛ばされた男が1人。
文通修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。
文中で友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れるが、
本当に想いを届けたい相手への手紙は、いつまでも書けずにいるのだった。



手紙…いいよね、すき手紙揺れるハート

履歴がのこらないところや、直筆ってところもすき。

メールよりももっと肌感覚に近い言葉ってかんじもしますです。


森見作品は文の言い回しがとても癖があって敬遠されがち…

でもっ! 手紙形式の構成になってるので

自分のもとに届いた手紙を読み進める感覚で

楽しめるとおもうのですっ (`・ω・´)ふんす





えみも久しぶりにお手紙でも書いてみようかなっハート
posted by やおよろズ at 22:16 | Comment(1) | えみちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。