幸せを運ぶアイドル 8,000,000's(やおよろズ)のオフィシャルブログ
2014年08月31日

たまくみのだいたいいっつも夢の中 -13日目-

これが夢見た結婚?!
〜フォトツアー@サントリーニ島〜



23.jpg

こちらの写真は、たまくみが新婚旅行先のサントリーニ島で撮ったもの。

このサントリーニ島。
可愛らしい街並み
透き通る青い空
ロマンチックな夕焼け

が人気で国際的にハネムーン/リゾートウェディングが有名な島でもあります。

結婚式は日本で挙げるつもりだけど、この街並みで…

写真撮りたい!!!!!( ꒪⌓꒪)


ウェディングドレスで写真撮りたーーーい!!!!


ってことで、フォトツアーに申し込み、ウェディングドレスで写真を撮りまくってきました!!
前置きが長くなりましたが、今回のエントリでは、フォトツアーまでの道のりをお伝えしたいと思います。
※結婚関連は自分がやりたいこと言ったもん勝ちやで、マジで。

■その1
旅行代理店に聞く


今回、「旅工房」という代理店に旅行の手配をお願いしていたので、フォトツアーに申し込めるか聞いたところ、フォトツアープランもあるとのこと。追加でフォトツアーもぽちっと申込みました

■その2
ドレスを準備


フォトツアーの内容を詳しく聞いていると、ドレスは自分で準備して、持って行かないといけないとのこと。

※ホテルに発送することも可能だそうですが、紛失や事故のことを考えると自分で持って行くのがベストなんだって。

海外に高価なドレスを持っていくのは怖いので安めのドレスを準備しました。ネット検索の結果、今回借りたのは、海外挙式にも対応しているTIGドレスさん。

※時間があまりなくてドレスショップは比較しなかったので、時間がある人は比較してみるといいかも。


上の写真で着ているドレスで5万円!!実際、ドレスの質はあんまりよくなかったのですが、写真撮るだけだし、まいっかということでこちらに決定!!(手触りがチープだったんですよ)。
小物(アクセサリー、ベール、グローブ、靴、下着)も付いてくるという点と、接客が丁寧。さらに、海外に持って行く用のドレスバックが着いていたので、結果として満足◎いいお店だったと思います。

※花冠はセット内容に含まれておらず、追加で5000円かかりました。

■その3
ヘアメイク


当日のヘアメイクは自分でしようかと思ってたんですが、ドレスを試着した時、ヘアセットは自分では限界があると実感。

花冠に似合う、ゆるふわな髪型にしたい!!ってことで、ヘアメイクもフォトツアーに組み込めるか代理店に相談しました。

ヘアセットの金額を確認すると、高い!!これは...代理店経由じゃなくても、フォトツアーに申し込めるのじゃ…と、フォトツアーに関してネット検索をしてみたところ。

出てくるっっっ!!
サントリーニ フォトツアーでいっぱい出てくるっっっ!!!!


そこからめくるめくネットサーフィンのスタートです。

■その4
比較


ここから先は、たまくみ得意分野です。
「サントリーニ フォトツアー」で出てきた代理店、

全部にメールを送りましたよね!!


ブーケの有無、ヘアメイクの金額、写真の数など。
比較した結果がこちら。
フォトツアー情報 Sheet1.jpg

こーゆーエクセル作るの好きやねん( ꒪⌓꒪)

■その5
フォトツアーの代理店


比較結果。
最終的に、GREECE MEMORYさんとアンフィトリオンさんで迷ったのですが、メールの返信が早かった「GREECE MEMORY」さんに決定。
メールの返信の早さって大切ですね。

キャンセル料が発生する前に「旅工房」でのフォトツアーの予約はさくっとキャンセル☆

当日の準備としては、このような形になりました。
メイク:自分で
ヘアセット:サントリーニの美容師さんを依頼
ドレス:日本から持って行く(※)
アシスタント:着付け、撮影のサポート用にお願いしました

■その7
振り返って


・撮影時間
日が昇りきって熱くならないうちに写真を撮影しよう!!ってことで、10時〜12時のプランだったんですが、6月中旬のサントリーニは熱かった!!!!さらに、日差しの関係で眩しかった!!サントリーニの日の入りはこの時期、20時半くらいなので、18時からはじまるくらいでも良かったかも。(けど夕日より、青空の写真を撮りたかったので悔いはない!!)

・スポット
撮影スポットは決まっているらしく、けっこー慌ただしかったです。熱くて体力も使うので、撮影の日は他に予定を入れない方がいいと思います。わたしたちは撮影終了後、ホテルの部屋で寝てました。

・カメラマンの質
的確な指示のもと写真を撮ってくれるいいカメラマンさんでした!!
ただ、カメラマンのポーズの指示がださい!!ださくて、ずっと爆笑してました。
爆笑できたのは良かったかも。

・靴
セットのブライダルシューズがあったのですが、移動が多いと聞いていたのでドレスの中はスニーカー履いてます。実際移動が多くて大変だったので、スニーカーor普段使いの靴で良かったです。

・海外にドレスを持って行くことについて
ドレスバックにドレスを詰めて、常に機内持ち込みにしました。嵩はありますが、ドレスは軽いので持ち歩くのはしんどくないし、アクセサリーは、スーツケースの中にいれたので思っていたより苦にならなかったです。

・アシスタントさんについて
追加で50ユーロかかるので迷ったのですが、ドレスの裾を持ち上げないと歩けない長さだったので、居てよかったです!!(サントリーニは坂だらけ)。
ドレスの着付けのお手伝いもお願いしていたのですが、着付けの仕方をアシスタントさんが知らなかったので、ここではあんまり役に立ちませんでした。

・ドレスの着付けについて
ドレスは自分で1人では着れないものなので、ドレスショップの方にお願いして、11代目(夫)に着付けの仕方をレクチャーしてもらいました。たまにそういうケースもあるようなので、着付けが心配って時はドレスショップに聞いてみるといいかと思います。

・ヘアセットについて
美容師さんはギリシャの人なので、作りたい髪型のイメージ写真をたくさん用意しておきました!!英語で「soft」で「air」な感じ!!っていうのを伝えると「lose」な感じね?!と返って来たので、わかってるじゃんいぇーい。とヘアメイクはとても順調に行きました。どんな美容師さんが来るかは“運”なので、自分のイメージを的確に伝えるためにしたい髪型の写真を準備するのは大切かと思います。

・ハプニング
11代目がタキシード用の靴を日本に忘れちゃいました
小さな島ですが、たくさんお店があります。靴も島のお店で買いました!!結婚式もたくさん行なわれているので、忘れ物をしたらホテルの人やフォトツアーの代理店の方に相談してみるといいかと思います。

■その7
こんな写真が撮れました!!


事前に言っておきますが、
私たちはカメラマンの言われた通りにポージングしただけです!!


11代目の左手は、もちろんカメラマンの指示。
7_M.jpg

広場のど真ん中で、ぐるん!!!
15.jpg

お姫さまっぽいポーズとか。
DSC_7032.JPG

ソロの写真もあるょ!!!
DSC_6847.JPG

色んな意味で日本では撮影できないような写真がいっぱい撮れました!!


写真が記念になることはもちろんですが、一番うれしかったのは、


世界中の「conguratulation!!」

観光地のど真ん中で写真を撮るのでたくさんの人とすれ違うんですが、ウェディングドレスとタキシード姿のわたしたちを見て、いろんな国の言葉でお祝いの言葉を言ってもらえるのが嬉しかったです。

こんな経験、なかなかできないですよね。

以上、フォトツアーのお話でした。
サントリーニでフォトツアーで考えている人がいれば参考になれば嬉しいです。
お答えできることもあると思うので、質問があればコメント欄にどうぞ。

にゃむちにゃむち。

ーーーーーーーーーーー
これが夢見た結婚?!
もらうの?婚約指輪 編
婚約指輪の選び方
両家顔合わせ
結婚式のヘアドレス
ーーーーーーーーーーー

たまくみ Twitterもフォローしてちょ @tama_8000000
posted by やおよろズ at 21:56 | Comment(0) | たまくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。